月とロハス治療院 > 理念・コンセプト

理念・コンセプト

理念

「月とロハス治療院」では、ありのままの自分を受け入れて「自分らしく生きること」を応援し、本来の女性の審美(真の美しさ)を大切に施術行います。

当院でいう「すっぴん」とは、見た目の素肌(ノーメイク)という意味合いではなく、心も体も含めて「ありのまま」ということが「すっぴん」であり、そのすっぴんな自分に自信を持って生きることを大事にした治療院です。

あなたの個性を活かし、毎日を楽しく、わくわくしながら進んでいけるように、自分の心と体に対して正直に向き合うためのケアをするのが当院での治療方針です。

通常の健康ケアはもちろん必要なことですが、それだけでなく、あなたの大切なシーンに合わせて前進する「心と体づくり」をご提案していきます。

女性にとっての人生の大切なシーン「結婚」や「妊娠・出産・子育て」、身体の「病気」「更年期」「介護」というステージで、それぞれのあなたの気持ちに寄り添った治療と美を大事に診ていける施術です。

何よりも、施術後に、あなたの気持ちが「軽く・明るく・輝く」お手伝いをしていきます。

コンセプト

当院では「デトックス」と「チャージ」と、身体にとって必要な施術を使い分けています。

デトックスは「アーユルヴェーダ」を、チャージは「鍼灸」の施術で行い、それはとてもシンプルで、自然な流れに沿った治療法です。

人は病気になると、薬やサプリメントに頼りがちですが、大事なのは薬やサプリメントを「飲む」ということからではなく、まずは身体の中にある不要なものを「出す(デトックス)」が、とても重要です。

身体に蓄積されたままの不要な毒素(添加物・重金属・汚染物質など)を排出することで、はじめて身体が「リセット」され、リセットされることで、身体の中に新たな「スペース」が生まれます。

そのスペースに、身体にとって大切なものを「入れていく(チャージ)」ことで、体調が改善され、健康と美を維持していくことができるのです。

身体の中にスペースがない状態では、いくら良いのもを必死に取り込んだとしても、消化吸収が上手くできず、栄養を取り込むこともできません。

ですから、栄養をチャージするより先に、デトックスすることがとても大事だと、インド・アーユルヴェーダでは教えてくれています。

そのアーユルヴェーダの教えは、とにかく身体に不要なものを取り除くための「浄化・手放し」が大事で、その施術として「アビヤンガ」が基本となります。

当院では、アビヤンガで「浄化・手放し」ができたら、さらに「鍼灸」でのエネルギーチャージをしていくことで、身体が早く整えられ、本来のあなたで生きるための応援をしています。

「自分らしさ」をみつけるヒントが「アーユルヴェーダ」にはあります。

施術セオリー

当院では「女性の月経」と「月の巡り」で詠む、つくよみ(月齢)療法で施術を診ます。

 

ルナ・デトックス<浄化>
新月・アーユルヴェーダ

 

ルナ・チャージ<美の吸収>
満月・鍼灸すいな

 

ルナ(Luna)とはローマ神話の月の神「ルーナ」のことで、それが転じて「月」そのものを指しています。

女性の象徴である「月」にインスピレーションを感じて、月の満ち欠けと女性の月経周期の両方をみながら、あなたにとって必要な施術をご提案しています。

女性性を整えながら、月のように透明感のある輝きを放ち、内面から得る自然な美しさを引き出すための施術を心がけています。

また、病気(女性疾患)を抱えて不安なあなたのために、東洋医学 × アーユルヴェーダの「経絡アーユルヴェーダ」で、辛い症状を改善していきながら、病気をに負けない身体づくりを一緒にしていきます。