月とロハス治療院 > コラム > 薬膳食・美容 > 東洋医学の美容スキンケア

東洋医学の美容スキンケア

一般的に「美容鍼」と呼ばれる顔ハリは、海外セレブを中心としたマダムに人気の「美容整形」を、東洋医学で行なったようなものと思っていただけたら分かりやすいのかも知れません。

「顔ハリ」というくらいですので、当然、顔にはりを行ないます。

その刺激によって顔のたるみやしわ、しみの改善を行なっていきます。

その場ですぐに実感できることもありますが、身体の体調が悪ければ元の状態に戻るのも早いです。

身体と顔は当たり前ですが繋がっているので、体内が不調であれば顔色もくすみます。

いくら顔にはりをしても、肩こりや首の疲れが溜まっている方は、しばらくたつと顔の気血循環の滞りができて、顔色がもとに戻り、頭痛にもなります。

東洋医学では、顔色が悪いとその色によってどの臓器が悪いかが分かります。

陰陽五行で示されていて「肝臓は青、心臓は赤、脾臓(胃腸)は黄、肺は白、腎臓は黒」と示しされています。

ですから、疲れているときに顔色で弱い臓器を知ることができ、健康が顔色と密接な関係にあるということが分かると思います。

例えば、心臓が弱い方は、のぼせのような状態となり、赤ら顔になりやすく、末端冷え性にもなります。

それとは逆に、「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがあるという方も多いと思いますが、東洋医学では下半身が温く頭は冷の状態が健康とされています。

当院は「顔だけの美容鍼のコース」はありませんが、身体をしっかり調整したあとに、オプションで「格安な顔ハリコース」があります。

全身の治療のあとで顔ハリを行なうのが、実は顔のリストアップ・むくみとり・小顔を促進してくれます。

また、継続することでしわやしみ、深いほうれい線眉間のしわも薄くわからなくなって改善していきます。

「日常のスキンケアだけでは限界かも」と感じたときに、全身のケアのプラスで、早めの美容鍼ケアが、あなたの老化をストップされて、体だけでなく、心も若さを取り戻せると思います。

あなたの日常を豊かにする、東洋医学を取り入れてみませんか。